ホワイトニングの種類


ホワイトニングには大きく分けて2つの種類があります。まずオフィスホワイトニングです。こちらは歯科医院で受けるホワイトニングです。歯医者に施術をしてもらうという方法であり、何度か通院しなければいけません。濃度の高い漂白剤を用いて、そちらを歯に塗布してライトを当てて反応させることによって、歯がどんどん白くなっていくというものです。プロに任せることができるため、とても安心できるでしょう。1回でもある程度の効果を期待することができます。そのあとは1週間から2週間程度の間隔をあけて施術を受けることになります。自分の理想の白さになれば、そこで施術は終わります。

マウスピース一方、ホームホワイトニングという方法もあります。こちらは歯医者にマウスピースを作成してもらい、そちらに薬剤を注入して数時間程度装着をして自分で歯を白くするという方法となっています。自分で行うことになるため、基本的に濃度の低い薬剤を使うことになります。そのため、安全性が高いです。ただし、毎日装着をして、2週間続けなければいけません。濃度が低いため効果が出てくるまでに時間がかかってしまうのです。

ホームホワイトニングのメリットとしては長持ちする点です。じっくりと歯を白くしていくため、1年から2年程度効果が持続するでしょう。オフィスホワイトニングよりも大きな効果を得られることが多いです。

〔推奨HP〕大阪 ホワイトニング

 

注意点について

便利な方法であるホームホワイトニングなのですが、いくつか注意点があります。

歯科医院まず、こちらは最初に歯科医院を受診しなければいけません。そして、きちんと歯科医の指示にしたがうようにしましょう。そうしないときちんとした効果が出ません。自分でホワイトニング剤を海外で取り寄せてホワイトニングをするというのはやめましょう。リスクがとても高いです。

また、ホームホワイトニングは少しずつ歯に作用していきます。効果を実感できるまで時間がかかるのです。そのため、これから急いで歯を白くしたいという方には向きません。そういう方はオフィスホワイトニングを利用するべきでしょう。

また、誰でもホームホワイトニングを受けられるわけではありません。健康状態によってはできないこともあるのです。たとえば妊娠中の方です。ホワイトニングの薬剤によって何かしらの影響が出てしまうリスクがあるため、基本的に受けられません。また、虫歯がある場合には、薬剤が歯にしみてしまう可能性があるため、きちんと相談をしておきましょう。歯並びが極端に悪い場合はマウスピースを装着できないことがあるため、これについても相談しておきましょう。未成年の方は基本的に受けられません。発育に影響を与える可能性があるからです。

ホームホワイトニング


審美歯科というものがあります。歯科というのは歯の治療をすることが主なサービスとなっているのですが、最近は歯をきれいにしたり、美しくするための治療をメインとしている歯科も増えているのです。それが審美歯科です。審美歯科の治療は基本的に保険適用外であり、歯の健康にとっては必要のないものも多いのですが、歯をきれいに見せたいという需要は高いため、人気を集めています。

歯を白くするそんな審美歯科にはさまざまなメニューが用意されているのですが、その中の1つとしてホワイトニングというものがあります。こちらは歯を白くするための治療のことです。歯を白くしたいと考えている方は多いです。何もしなくてもきれいな白い歯を持っている方もいるのですが、歯というのはどんどん色素が付着してしまいます。たとえばコーヒーやお茶、たばこなどの影響によって歯が黄色くなっているというケースもあるのです。このような黄色い歯にコンプレックスを持っていたり、恥ずかしいと感じている方はたくさんいるでしょう。そのような方のために歯を白くするというメニューがホワイトニングなのです。

このホワイトニングにはいろいろな種類が存在しています。その中でもこちらではホームホワイトニングという方法に注目しましょう。こちらは自宅でできるホワイトニングとなっています。他にオフィスホワイトニングというものがあるのですが、そちらとは異なる点がいくつかあるのです。ホームホワイトニングについて注目してみましょう。

2018年11月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近の投稿